高卒生コース 設置コース・クラス

国公立理系コース

MA[選抜] 東大・京大理系

多くの授業内容を東大・京大対策に特化し、個人添削による学習指導を含めて、
万全の二次試験対策を行う。

■時間割例〈前期〉

■教科・科目別週間授業時間数

  • 主な合格大学

先輩からのメッセージ
東京大学[理科二類]K.Sさん 〈高松第一高校〉

高予備はまさに、私が求めていた環境!
 浪人が決まった時、はじめは宅浪を考えていました。しかし自分ひとりで1年を乗り切れる自信が持てず、高予備に入ることにしました。
 私がいた東大・京大クラスは少人数だったこともあり、最後まで和気あいあいとした雰囲気の中で学習をすることができました。授業の中で分からないことがあればクラスメイト同士で教え合ったり、ホワイトボードを使って問題を出し合ったりと、楽しみつつ切磋琢磨しました。また、授業も二次試験を意識した演習で、多くの問題に触れつつ問題の本質や繋がりをも学ぶことができ、実際の試験場で問題を解く上で活かせました。
 年に16回あるマークテストや、5回の校内模試では毎回順位や成績上位者が掲示されるため、モチベーションの維持の面ですごく役に立ちました。結果が戻って来る度にクラスメイトで共有し、自分のミスを言葉にすることで自然と弱点分析ができました。直前期は個別添削がメインとなり、解法だけでなく、合格するための答案の書き方を細かく熱心に指導していただきました。これは高校ではなかなかしてもらえません。そしてアットホームな雰囲気で、気軽に質問をすることができました。
 私は自宅生だったので、平日と土曜日は18時まで、休みの日はフルタイムで自習室を利用していました。文字通り年中無休で、家にいるとついだらけてしまう年末年始も開放されていたので助かりました。そこに行くと勉強している生徒が必ずいたので、「自分も頑張らないと」という気持ちで勉強に取り組むことができました。さらに、自習にも一コマの時間が決められているので、自分で自習の時間割を立てて計画的に学習できました。
 高予備はまさに、私が求めていた環境でした。ここでこれだけやったのだからという自信が結果に繋がったのだと思います。この1年を一緒に乗り越えた仲間、最後まで熱心に指導し、激励してくださった先生方、そして浪人させてくれた家族に感謝しています。ありがとうございました。

MB[選抜] 旧帝大理系

多くの授業内容を旧帝大対策に特化し、個人添削による学習指導を含めて、
万全の二次試験対策を行う。

■時間割例〈前期〉

■教科・科目別週間授業時間数

  • 主な合格大学

先輩からのメッセージ
大阪大学[工学部]S.Kくん 〈松山東高校〉

生徒の学力レベルに合った授業!
 私が高予備に通い、第一志望に合格できた一番の要因は、周りの友人の存在です。
 一緒に食事をとり、休みの日には買い物に出かけたり、体を動かしたりするなど、友人とコミュニケーションをとる時間を作れたことで、勉強のメリハリをつけることができました。1年間モチベーションを保つのは難しいことですが、高い目標をもつ友人とテストの結果などで切磋琢磨することで、やる気を維持できたと思います。
 また、高予備の寮では必須自習が毎日設けられています。このことにより、勉強する習慣が自然と身につきます。寮の自習室では周りの友人から刺激をもらい、常に集中して勉強できました。家での勉強は、どうしても集中力が途切れたり、気分が乗らずにだらけたりすることはありますが、寮の自習室ではそのようなことがなく、1年間学習が続けられました。
 そして高予備では、志望校や学力別にクラスが編成されています。そのおかげで、自分の学力レベルに合った授業を受けることができました。自分の学力レベルよりも、遥かにレベルの高い問題を解いたり、分かりきったことを延々と復習したりすることはありません。学力レベルに合った授業を受けることは、効率的に学力を伸ばすのにつながりました。授業が終わると、同じクラスの仲間たちとわからない所を教え合い、スムーズに授業内容を理解することができたと思います。添削指導も充実しており、苦手だった教科は自信を持てるほど実力をつけることができました。
 1年間勉強を続けることは大変厳しいものでしたが、友人や先生、寮長をはじめとした周りの方々の支えのおかげで、頑張りきることができました。本当にありがとうございました。

M1・M2[選抜] 医学部選抜

難関大医学部への合格を目標とし、二次学力の完成度を高めるとともに、
共通テスト対策にも万全を期す。

■時間割例〈前期〉

■教科・科目別週間授業時間数

  • 主な合格大学

先輩からのメッセージ
北海道大学[医学部医学科]T.Rくん 〈広島学院高校〉

甘えたら負け、逃げたら負け、言い訳しても負け!
 私は浪人が決定した時、甘かった自分を反省し、非常に後悔しました。そしてその甘さを不可逆的に変えるために、高松高等予備校に通うことに決めました。そのおかげで、現役の時からの第一志望に合格することができました。
 高予備の寮の自習室に『継続は力なり』『努力は実る』という貼り紙があります。努力の継続ができるかどうかは、合否を左右する要因だと思います。やる気が起きない日でも机に向かい続けることが、何よりも難しく、何よりも大切です。寮での3時間の必須自習は1年を通じて行われ、それを可能にしてくれます。やってもやらなくてもいいのと毎日必ずやるのでは、1年間で大きく差がつきます。この差は受験の際に、大きな自信に繋がりました。
 特に寮の自習室は閑寂としており、快適に自習することができました。一部の先生方には、添削指導など丁寧に対応していただきました。また寮生やクラスメイトの距離が近く、合格へ向かって切磋琢磨し合うことができます。
 浪人中は、誰もが自信を失い不安になりますが、年16回のマーク模試、年5回の校内模試により、自分の進捗を確かめられます。この模試は精度も難度も高く、返却も早いので、復習することで着実に実力を伸ばせたと思います。これらの模試の結果は順位が張り出されるので、自分の立ち位置を意識してやる気が維持できます。私が浪人している間、思い続けていたことですが『甘えたら負け、逃げたら負け、言い訳しても負け』です。その不撓不屈の努力を最大限支えてくれる環境が、高予備には整っています。
 一方で浪人している間、自分の弱さや愚かさに切歯扼腕することも、少なからずありました。高予備だからこそ、その苦しさを乗り越えられたと思います。寮職員や先生方は親身になって、様々な相談に応じてくれます。本当にお世話になりました。

M3〜[選抜] 国公立大医進系

地方国立大の医学部・医療系への合格を目標とし、
共通テストでの高得点獲得と二次試験での記述・論述に的を絞った
高度な学力を養成する。

■時間割例〈前期〉

■教科・科目別週間授業時間数

  • 主な合格大学

先輩からのメッセージ
岡山大学[医学部医学科]S.Rさん 〈岡山操山高校〉

学力を伸ばす新しい勉強法を発見!
 高予備の岡大医学部合格者28人。私がその一人になれたことを光栄に思います。
 現役の時、どうしても医者になりたいという一心で受験勉強をして、無謀といわれながらも岡山大学を受験しました。案の定、無残にも惨敗。しかし、そこで確かな手応えを感じました。その時、お世話になっていた塾で質問対応をしていた岡大医学部の学生から、高予備を勧めていただきました。その先生自身が高予備で1年学び、岡大医学部に合格した人で、「高予備で1年頑張れば、必ず岡大に受かるよ」という一言が忘れられませんでした。どんな宣伝よりも先生の言葉には説得力がありました。
 新型コロナ感染拡大の不安の中で寮生活を選ぶことの不安はありました。そして、その不安が的中したのは4月中旬。緊急事態宣言の影響で1か月余り休校しました。しかし、それが幸いしたのかもしれません。1か月近く寮から出られない中で、友達と競い合い、共に高め合い、1日中勉強に明け暮れました。休校期間で、ひと通り復習でき、基礎を徹底することができました。
 授業が再開してからは、毎日の日課が、朝7時登校。物理、英作文の添削を提出。数学の先生をつかまえて質問。年間16回行われるマークテストの見直しをしながら、時間を見つけては、物理、化学、地理、現代文の先生のところに行って、たくさん質問しました。いつでも気軽に応対してくれる高予備の教官室でした。やったはずの問題、できると思っていた問題ができない。それは本当に理解できていないのだと知りました。現役の時のいろんな問題集をひたすら解く勉強法を改め、各教科決まった問題集を何度も繰り返し解くことを徹底したことで、想像以上に成長できました。自分の学力を伸ばす新しい勉強法を発見できる環境が整っているのが高予備です。
 医師という職業へのこだわりは私の支えでした。そして、その私を支えてくれた先生方への感謝は言葉で言い尽くせません。本当にありがとうございました。

M6〜[選抜] 岡大・広大理系

岡大・広大レベル以上の国公立大学100%合格を目標とし、
共通テストでの高得点獲得と、二次試験対策を並行して万全の体制を期す。

■時間割例〈前期〉

■教科・科目別週間授業時間数

  • 主な合格大学

先輩からのメッセージ
岡山大学[理学部]K.Kくん 〈高松西高校〉

テストを徹底的に復習!
 現役時代、部活にかなり時間を割いていたので勉強するという習慣があまりありませんでした。そこからわかるように、現役時代に受けた第一志望の大学は不合格でした。この失敗をふまえて、浪人することが決まってから、一番に勉強習慣をつけようと決心しました。そして、この勉強習慣をつけるということに関して高予備は最適だと思い、選択しました。
 しかし、今年はなんといってもコロナに振り回された年で、高予備も最初は思い通りに授業ができなかったり、自習室が使えなかったりと、どうなるか心配でしたが、先生方や事務の方のおかげですぐに通常授業を行うことができるようになり、自分の目標であった勉強習慣をつけることができて本当に感謝しています。
 さらに、僕がもう一つ浪人中に気をつけていたことは、毎日の授業やマークテスト、校内模試の徹底的な復習です。高予備の授業は基本からしっかり丁寧に教えてくださるので、その授業をしっかり復習するだけで自ずと学力レベルが上昇していると実感しました。さらに、毎週行われるマークテストを復習することで、テストではどのように出題されるか、どうすればさらに時間をかけずに問題が解けるか、研究することにも役に立ちました。これをすることで、テストに関しての研究や戦略立てがいかに重要かということがわかりました。そして、授業やテストの復習でわからなかったところは先生方に質問しに行き、すぐに解決し、毎日不安なところを残すことなく帰宅することができました。これらのことを1年間続けた結果、僕は行きたかった大学に合格することができました。これは本当に高予備の先生方や事務の方のおかげだと思っています。1年間本当にお世話になりました。

A 国公立大理系総合

共通テスト対策にウエイトをおき、バランスのとれた総合力を養成する。
前期では、特に基本的事項を見直し、後期における学力の飛躍を期し、
国公立大学合格を目指す。

■時間割例〈前期〉

■教科・科目別週間授業時間数

  • 主な合格大学

先輩からのメッセージ
香川大学[創造工学部]M.Kくん 〈松山中央高校〉

添削で苦手分野を克服!
 私が高予備に入学したときは、コロナのため休校となってしまい、寮で自習をする毎日でした。このまま国立大学に合格できるのだろうかと、とても心配になりました。しかし、休校中は担任の先生からの電話や、寮長からの励ましで、とにかく、高校のときの問題集の復習をしっかりやろうと決めて勉強をしていました。学校が始まってからは、先生からのアドバイスで、授業を第一に考え、「授業の予習・復習」をしっかりやると決めました。授業でわからないところは、昼休み、教科の先生のところに積極的に質問に行きました。
 現役生のころは、自分に甘く、予習、復習の習慣やそれを続ける忍耐力もなかったので、ほとんど勉強せず、あっという間にセンター試験となり、第一志望の国立大学はおろか、滑り止めと考えていた私立大学にも合格できませんでした。また、自分から進んで先生のところに行って勉強を教えてもらうということもしていませんでした。
 高予備は、集団授業ですが、苦手な教科や分野は、直接先生に添削指導をしていただけます。先生は具体的にどうやって勉強していくか、どうやってそれを進めていくか、丁寧に指導してくださいました。もちろん、私のレベルに合わせて必要な問題を選んでくださったり、理解できない箇所は、丁寧に解説を書き加えてくださったりしました。また、添削を返却する時にも、わかりやすく説明してくださいました。添削は私の苦手分野の克服に大きく寄与したのは言うまでもありません。
 寮では、毎日決まった時間に同じ目標をもつ仲間たちと一緒に自習。このおかげで最後までモチベーションを下げず、勉強をやり通すことができたのだと思います。国立大学に合格でき、今の自分に自信をもって進学できるのは高予備のおかげです。熱心に指導してくださった先生方、寮生活を支えてくださった寮のみなさん、そして、高予備に進学させてくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです。

高予備をもっと知りたい方は、

PAGE TOP